遺品を処分したい悩みの解決法とは

 

亡くなった人の遺品は捨てるに捨てられないもの

そんな時こそ役に立つのがレンタルボックス なんです

二帖タイプ

遺品整理はお金がかかる!

 
大切な人を亡くしてしまうとその悲しみは辛いもの、、しかし悲しみにくれているのもつかの間。
 
遺品整理や相続税などの問題も発生してきます。これらは放置しておくわけにもいかず、途方にくれてしまうもの。
 
故人が大切にしていたものや思い入れ、思い出がつまったものはむげに捨てられないのは誰でも同じ。
 
遺品整理を業者に頼むとすると意外に費用がかかるんです。大抵はいろいろな業者を探し、相見積をしてからなるべく安いところにしたいのは誰でも同じ、、ですが
 
実は問題点が山積するんです
その一 業者は安い見積もりを出してから追加料金を請求するケースもある
その二 引っ越しと違い作業がやっつけ仕事になる
 
では、遺品整理はどのように処理するのでしょうか
 
遺品整理は一般的なゴミ処理とちがって処分場に運ばれます。市町村の施設とは違い民間の処分場では再利用をするために紙、鉄、プラスティック、木材製品などに分類するので時間と労力がかかりどうしても割高になるんです。
 
仮に2LDKの場合だと作業員は四人で18万円くらい。ですのであらかじめ物件をあらかじめ分類整理しておくと費用削減になります。
 
後は遺品を運ぶためのトラックの駐車をあらかじめ確保する必要と戸建ての場合、大きなものはつり降ろしたりする手間がかかる。
 
マンションだとエレベーターを使用する際には住民を優先するので階段を使うこともあり。
 
ですので遺品整理は言え引越しよりも費用や時間がかかるというのが実情なんです。
 

遺品は不要であるとはいえ捨てがたい、、解決法は

トランクルーム かレンタルボックス を検討してみてはどうでしょうか、、
 
申し込みは最短10分で利用できるので、とりあえずの対策法だと言えます。
初月の使用料はタダ。費用は1000円台(管理費なし)ネットで申し込めば3300円もお得になるんです。
 
屋外型なら0.7帖からで幅1.1m、奥行き1.08m、高さ2.25m ダンボールなら20個くらい収納できそう。
さらに1.6帖、2帖、2.6帖、4帖、8帖タイプも。こちらはなんと人も住めそうなスペースです。
 
季節の気温に関係なく収納したければセキュリティが万全な屋内型もあります。
お金はかかりますが運搬サービスもあります。
 

  検索はこちら